ABOUT
CATEGORIES
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
OTHERS

<< 相葉さん/木梨憲武展 | main | 義援金 >>
UOMO

JUGEMテーマ:

 

 

うわぁぁぁぁぁ

なにこれなにこれ。

ほしいやん。

つか、

そう、

そうだった!!

 

 

 

 

商店街の本屋さん、

遂におトシで6月30日で閉店したんですツツツ

 

私にとっては一大事ですッッッ

 

おばちゃんが認知症を患ってしまって

いままだ元気に道にも迷うことなく買い物も会話も普通だけれど

家の中では時折ギョッっとすることも

あるのだそう。

本屋の上が自宅なんだけど、

本屋部分と玄関が違うから

おじちゃんが店に出てるとき

おばちゃんを一人にして

家でご飯作るのも大丈夫か気が気じゃないのだそう。

なんだか、物心ついたときから認識してる本屋さんで

紀伊国屋とかまで行かないと手に入らなかったレアなジャンル以外は

ほぼほぼここに注文して購入していたんですよね。

それこそ、町の大きな本屋さんで見かけて興味持った本も

そこに注文して時間かけて手に入れるって感じで。

寂しいなぁー・・・・

どこで本買おう。

もう今更町の小さな本屋さんの行きつけになるのも

ちょっと違うなぁって思うので

大きな本屋さんで買うことになるのでしょーなぁ・・・

商売やめたらおばちゃん、悪くならへんかぃ?って

商店街でもさんざん心配して説得したらしいんだけど

満身創痍、なんだそうな。

やっぱり、70代になって

年取ってから本を仕分けたり

配達したり

束になれば決して軽いものではないですもんね。

電動自転車も古くなり、

おばちゃんの病気と

おじちゃんのたまに数日入院するような生活になると

夫婦二人だけの商売ってのは

ほんとにシンドイものなんでしょうね。

お子さんも仕事で遠方に居るし

そうなるとね、

やっぱ幼馴染の私の父が(父は60代ですが)

シュンとしちゃってますよね。

自分もいつまでできるかなぁとか

まーそういうことを言い出すわけで

そういうときは「死ぬまでやれば」と軽く答えるんだけどw

「死ぬまで働かすんかw」と言われてね、

「やることなくなってボケるよりええやろ」

なんつってね。

 

商店街、

私は「商店街」というのが大好きです。

ショッピングモールもいいんだけれど

対面販売はやっぱり良いものです。

高校生くらいまでは道を歩けば色んな顔見知りばかりで

挨拶せずに駅まで行くなんてことは絶対になく

煩わしいなとおもっていたけど

成人してからは有難いもんだなと思うようになりました。

面倒くさいんだけど、

でも大事。

隣の人の顔はもちろん、

2ブロック先まで知ってるのは割と大事。

 

だれかおじちゃんのとこで本屋継いでくれる人いませんかねーーー

 

ふーーーーー

 

本、

 

どこで買おう( ̄▽ ̄;)

  
2018.07.18 Wednesday / 二宮さん / 14:09 / comments(0)
コメント(非公開です)
コメントする(基本、非公開です)